新型ブッフホルツ継電器

新型ブッフホルツ継電器の特徴変圧器の内部故障を検出し、重大事故を防ぐ保護継電器
変圧器を保護するために変圧器の主タンクとコンサベータ間に取り付け、内部故障を検出する継電器です。
軽微な故障によって発生するガス量で動作する第一接点(軽故障接点)と、大きな故障によって急激に生じる油流で動作する第二接点(重故障接点)を備えています。

新型ブッフホルツ継電器のリーフレットダウンロード

 

 

型式 BH-□RMA□
接点容量 DC 125V  0.25A     AC 250V   5A
絶縁抵抗 DC 500V  100MΩ以上 (端子-ケース間)
耐電圧 AC 2000V  1分間    (端子-ケース間)
耐圧 0.3 MPa

接 点 仕 様

スイッチ種類 マイクロスイッチ
軽故障接点 動作ガス量 225±25cm3~450±25cm3
(ALARM) 接点数 1接点
重故障接点 動作油流速度※ 1.0±0.15m/s
(TRIP) 接点数 1接点
ケーブル取り出し口ねじサイズ G 3/4
設置角度 0~5° コンサベータ側に上向角
電気機械器具の外郭による保護等級 IP65

付属品 (オプション)

ⅰ)ガスコレクター
ブッフホルツ継電器のガス抜き弁から管を通し、変圧器内部で発生した分解ガスを採取する装置です。

ⅱ)テストチューブ ・ テストポンプ
ブッフホルツ継電器を取り付けた状態で、外部から圧縮空気を吹き込むことにより接点動作のテストができるよう、継電器内部に組み込んだ管及び空気送り用の手動ポンプです。

※:動作油流速度は他の設定値も可能ですのでお問い合わせください。